総務省による平成23年の通信利用動向調査によると、13歳から50歳までのインターネット利用は95%を超え、50代〜70歳までの世代においても60%を超えるほど身近なツールとなっています。


患者様がクリニック選ぶ時も、信頼できる医師を求め、どこの医療機関に行こうか?という局面で、まずは「インターネットから情報収集を行う」というスタイルが一般化されています。つまり、集患を目的としたホームページを制作することは、長い将来を見据えた増収対策であるといえます。

蔵人会計事務所では、医療機関の会計顧問先向けサービスとして、ホームページ作成、リニューアルサービスを行なっております。
また、会計顧問先でないクリニック様においても、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

● 患者様が医院に求めるもの
● 患者様の検索動向から考える
● 満足度向上でリピート率、再診率UP
● 診療報酬単価UPを検討する